【実践事例】福岡市立東光中学校

タブレットの活用で新たなる『学び合い』〜革新的な教育の実践〜

福岡市立東光中学校(福岡県)

福岡市立東光中学校では、学力向上を目指し『学び合い授業』に取り組まれています。 福岡市のチャレンジマインド育成授業として東光中学校が先陣を切って「起業家による社会人講話」をもとに将来の夢や目標についてディスカッションする公開授業が行われました。

通信環境のない体育館で、タブレットを使った授業

公開授業が行われた場所は、体育館。通常、LAN・ICT設備が無い環境では、タブレットを使った授業は実現しません。当日は体育館から一番近いLANポートからケーブルを伸ばし、必要最小限のICT機器(メディアボックス、プロジェクター、アクセスポイント、タブレット)を持ち込み、簡単な配線・接続を行い、即席のICT授業の環境を整え、授業を行いました。 タブレットは、講演資料配信のため「タブレット授業支援」にて、講師が「先生タブレット」、生徒・来賓の方が「生徒タブレット」を使用しました。授業は、講師が講演資料を「先生タブレット」から「生徒タブレット」とプロジェクターから投影する会場前方の「大型スクリーン」に転送し、生徒達は手元のタブレットで資料の詳細を参照し、講演を聴いていました。ページめくりの制御は「先生タブレット」で行ったため講演内容のページを見失うことなく聴講できる点は、ICT利用効果のひとつといえます。講演後、ファシリテーターがいくつかの検討課題を出題し、生徒達は模造紙に検討結果をメモ書きし、順に発表。発表結果は、進行スタッフが会場前方のホワイトボードに記載したり、模造紙のメモ書きを紹介したりしていました。

タブレットのカメラ機能で即時情報共有

しかし会場前方のホワイトボードは後方からは見えず、模造紙のメモ書きも他のグループからは見えません。そこでその内容が参加者全員にも見えるよう「タブレット授業支援機能」のカメラ機能を使い「先生タブレット」で撮影し、「生徒タブレット」と「大型スクリーン」へ転送しました。特に生徒のメモ書きは、カラフルな色使いや独創的なイラスト等があり、生徒の個性がふんだんに表現されており、タブレットに転送されたときは、歓声や笑い等が起こっていました。タブレットを使った授業の効果として、事前に準備した資料の共有だけでなく、授業の中で発生した情報を全体で即時共有でき、表現方法や考え方等の相互理解「学び合い」につながるものと感じました。

  • 体育館に配置された機材

  • ホワイトボードの内容をタブレットで確認

お客様の声


福岡市立東光中学校 元主浩一校長

応用力を高める教育ICTツールとして有効活用。

 教育ICT導入の目的には、学力向上があり、基礎力を高める効果があると思います。しかし、それ以外にも応用力を身につけることに非常に効果があると思っています。これからの世の中は、様々な考えの人達と接し、意見を聞き、また自分の考えもきちんと伝えていく必要があります。 そこで重要なのが応用力(思考力・表現力・問題解決能力)とコミニュケーション能力です。この能力を身につけるにあたりタブレット使った授業は効果があると感じています。 当校では『学び合い』授業の中で、『みらいスクールステーション』のタブレットを使った授業を始めて約1年ほどになります。その間、考える力・それを表現する力・互いを認め合う力が伸びてきたと実感しています。 今回の公開授業においても課題に対し、文書で考えを表現できていましたし、長い時間授業に拘束されていても、ひとりも飽きることなく課題に取り組んでいました。 体育館の広い会場の中で、会場前方のホワイトボードや各テーブル毎に書かれた情報がそれぞれのタブレットに配信され、情報が全員に共有されることは、すばらしいことです。 将来のことを考えれば必ずタブレットを使った授業が実施されます。使う前にいろいろ考え二の足を踏むよりも、まずは使ってみて効果を実感することと課題をみつけ改善に繋げていくことが大切です。当校のように先駆けて教育ICTの活用に携わる者は、その有効性を世の中に発信していくことが責務と感じています。

PDFダウンロード

導入事例・活用事例一覧に戻る

学校の中で眠りがちなテレビなど既存設備や、校内LANの有効活用と、
“誰にでも 簡単に扱える”をコンセプトとして開発した「メディアボックス」で、
教育ICT環境の、構築・導入負荷軽減と低コスト化を実現。

学校の教育環境改善を図る、富士ソフトの総合教育ICTソリューション

「みらいスクールステーション」は、富士ソフト株式会社の登録商標です。

企業向けタブレットセミナーシステム セミナちゃん

企業向けタブレットセミナーシステム セミナちゃん