事例と実践で確かめる 教育ICTとタブレット体験型研修会(東京)

 東京都

 各地で加速しつつある教育の情報化は、子どもたちの学びや学校運営にどのような効果をもたらすのか。
 この研修会では、『事例と実践で確かめる』をコンセプトに、タブレット端末をはじめとするICT機器の導入やその活用方法を学校現場における具体的な活用例を中心に、
その効果や可能性を事例や模擬授業を交えて皆さまに体験していただきます。
 教育ICTの導入やその活用、導入済み機器の有効活用をご検討中の方々に、今後の教育の情報化推進の一助となるように開催いたします。

FAXで参加申込をする

案内チラシダウンロード

場所
富士ソフトアキバプラザ 6F(東京都東京都千代田区神田練塀町3)
主催
一般社団法人 日本教育情報化振興会(JAPET&CEC)
こんな方に
・教育委員会(都道府県、市区町村)、公立学校、私立学校、特別支援学校、市区町村役場担当者
定員
90名
プログラム
時間 プログラム 講師 ※敬称略
13:00 受付
14:00~14:10 開会
14:10~15:00 講演Ⅰ (50分) 事例紹介「普段使いのICT活用」 丸亀市立郡家小学校
教諭  増井 泰弘
15:00~15:10 休憩 (10分)
15:10~16:05 講演Ⅱ (55分) 事例と実践「子ども1人ひとりの学びを大切にするICTの活用」
     ~タブレット活用模擬授業~
佐野日本大学中等教育学校
特任教諭  西沢 弘
16:05~16:20 紹介 (15分) タブレット授業支援システム及び教育ICT機器紹介 富士ソフト株式会社
みらいスクール事業部
16:20~16:35 タブレット授業支援システム及び教育ICT機器体験会+休憩  (15分)
16:35~17:25 講演Ⅲ (50分) 総括と講演「タブレット端末を中心とした教育ICTの必要性と今後の展開」 茨城大学教育学部
准教授  小林 祐紀
17:25~17:30 事務局挨拶 (5分)
17:30 閉会

FAXで参加申込をする

案内チラシダウンロード

お知らせ一覧に戻る