教育ICTの導入は「みらいスクールステーション」

タブレットや電子黒板などICTを導入・活用した教育支援・学習が、小学校から専門学校まで、広がりつつあります。

つながる授業、つながる未来。

学校へICT教育の導入促進と環境改善を図る教育ICTソリューション

教育環境を改善する、総合教育ICTソリューション

学校のテレビ・プロジェクターや校内LAN、タブレットの普段づかいを可能にするソリューション。

みらスクを導入したら、先生と子供たちの笑顔が増えた! ブランドムービーを公開中

新型メディアボックスが2017年7月より提供開始となります。
みらいスクールステーションが導入されると、学校にはどのような変化が生まれるのか。
いつも一生懸命な先生と、そんな先生が大好きな男の子を主役にムービーでご紹介します。
わたしたちが提供する教育ICT。その活用シーンを疑似体験ください。

新型メディアボックスで、ますます便利な教育環境をご提案。詳しくは、こちらのページをご覧ください。

「大がかりな設備を必要とせず、誰にでもわかりやすく、簡単な操作で扱えるー」

 富士ソフトの「みらいスクールステーション」は、こんな教育現場の声を元に教育環境の改善を図っていくことを目的とし、独自のICT(情報通信技術)で開発した、教育ICTソリューションです。教室のデジタルテレビやプロジェクターなど大型提示装置やタブレット端末をつなぎ、デジタル教材、電子黒板を用いて授業進行するICT教育は、従来の一斉型に加えて、これまでできなかった双方向型の授業を可能にし、学校の先生の負担軽減と児童・生徒の学力向上にも期待が寄せられています。

 教育ICTソリューション「みらいスクールステーション」を導入することで、教室のタブレット、テレビやプロジェクター、電子黒板、校内LAN、放送設備に至るまで、様々なICTデジタル機器の利用率を大幅に向上し、教育現場の環境改善に寄与します。そして、教育と子どもたちの学びの未来に大きな可能性をもたらすことでしょう。

学校にあるテレビや
プロジェクターなどの大型提示装置
既存設備と校内LANを有効活用。

これに、メディアボックスとサーバーをつなぐことで、
各ICT機器の利用率が大幅にアップし、ICTの日常化が実現します。

  • 教育ICTの導入が
    低コストで実現

     富士ソフトの「みらいスクールステーション」は、全国の公立学校に導入された約40万台ものデジタルテレビと校内LANの利活用を前提として製品を提供しています。現在では、テレビに変えて電子黒板や電子黒板機能付きプロジェクターを導入している学校も多く、これらの大型提示装置にも対応。既存の設備を活用いただくことで、低コストでの導入が可能です。

  • 最低限の機器で
    最新の教育ICT
    環境が実現

     教室の大型ディスプレイ、校内LANに「みらいスクールステーション」のメディアボックスを接続するだけでシステムが構築できます。この情報システムをベースに、無線LANの環境構築やタブレット導入など、導入時やその後の機能拡張も段階的に行えることが特徴です。都度の大がかりなシステムの導入や工事が不要で、最低限の機器で最新のICT教育環境が実現します。

  • ICT機器の操作が
    苦手の方でも
    らくらく操作

     メディアボックスは、リモコンで操作。わずか数秒で電源起動し、大型ディスプレイに教材をすばやく提示できます。動画、画像、音楽、PDF、オフィスファイル、インターネットといった教材が必要な時、すぐにリモコンによる操作で呼び出すことができます。まるでテレビのように、誰にでも簡単に扱えるため、PCなどIT機器の活用が苦手な方でも心配いりません。

  • 授業だけでなく
    校内放送や
    防災設備としても

     「みらいスクールステーション」は、授業での活用だけでなく、日常の情報配信ツールとしてもお使いいただけます。自然災害などの非常時には、防災情報(緊急地震速報など)を受信し、校内のディスプレイに自動表示することが可能です。さらに、学校が避難所になった際には、避難者向けの情報配信も素早く正確に行えるため、地域住民に必要な地域コミュニティとしての役割も果たします。

システム構成図

scene

教育ICTとは?

 インターネットなどITインフラが普及してきた現在、ITを駆使した多様なソリューションが生まれています。教育現場における教育ICTもそのひとつ。教育ICTとは、学校の児童・生徒の情報活用の実践力・情報の科学的な理解・情報社会に参画する態度を育成するために、情報通信技術(ICT)を効果的に活用し、より学習への理解度を深める授業を行うことです。

 ICTを活用する目的は、ICT化が進む社会への対応力を養うため、距離や時間を問わず思考の過程・結果を可視化すること。また、多くの人の考えなどを距離を問わずに瞬時に共有すること。何度も試行錯誤・チャレンジする精神を養うことなどが挙げられます。

 次期の学習指導要領改訂では、従来の「何を学ぶか」だけでなく、「どのように学ぶか」「何ができるようになるか」といった視点が重視されます。中でも「どのように学ぶか」については、ICTの特性・強味が「主体的・対話的で深い学び」の「アクティブラーニング」の実現に大きく貢献することが期待されています。

 現在では、教育ICTに関連した展示会・イベントも多く開催されており、中でも「教育ITソリューションEXPO」は、来場者数3万人を超える、教育分野で日本最大の専門展です。教育支援システムなどのPRのために、多くの企業が出展・ブースを設けており、学校・教育関係者が全国各地から教育業界における最新の情報やソリューションを求めて来場します。

みらいスクールステーションは、
学校の教育現場でこのように
導入・活用されています!

活用

学校に最新のICT環境を提供する、5つの機能

授業での活用に限らず、学校生活全般に至るまで教育環境をトータルにサポート。

  • 教材コンテンツ視聴すばやく教材を提示したい場面に役立つ基本機能です。デジタル教科書をはじめ、動画やPDF・写真・音楽・オフィスファイルなど学習に用いる様々なデジタルコンテンツをサーバーに蓄積し、どの教室でもリモコン操作のみで視聴することができます。さらに、インターネット視聴もすばやくできるため、授業の幅がぐんと広がります。
  • タブレット授業支援先生・教員がタブレットを操作することにより、学習者端末への教材配信、書き込み管理、比較表示、リアルタイムアンケート集計といった学習支援を行う機能。このタブレットによる学習で双方向型の授業が可能になり、教育の可能性も広がります。
  • 校内ライブ放送大掛かりな放送設備を必要とせず、ビデオカメラ映像を校内ネットワークを介して、学校のどこからでも各教室にライブ配信できます。配信先の指定や放送内容は、教室ごとに変更できます。
  • 電子掲示板校内ネットワークを利用して、連絡事項を大型モニターに強制表示させる機能。配信元からのテレビ電源管理もでき、定期的な情報の配信予約設定や防災・防犯の緊急情報の配信も可能です。
  • みらいボード(電子黒板)無線LANを介して、タブレットと大型モニターで電子黒板のような使い方ができる機能です。タブレットを介して撮影画像の表示、書き込みが教室のどこからでも行えます。

今も拡がる教育ICT

「みらいスクールステーション」は、全国の自治体・小学校・中学校・高校に、導入・活用されています。

平成21年度の補正予算にて、文部科学省による学校施設改善事業の一つとして、全国の公立教育施設(幼・小・中・高・特別支援学校、公民館)のデジタルテレビを整備する「スクールニューディール構想(学校ICT環境整備)」が推進されました。この事業の中には、学校のコンピューターやタブレット、校内LAN、電子黒板の整備なども含まれ、以降の教育の情報化の端緒となっています。しかし教育の現場では、デジタルテレビを十分に活用できていないという悩みも発生しました。

富士ソフトは、この問題を教員の忙しさやITリテラシーに起因する利活用障壁と捉え、教室にパソコンを必要とせず、簡単な操作で誰でもすぐに使用できる最新のICT教育システム/ソフトウェアの開発に着手しました。その結果、誕生したのが教育ICTソリューション「みらいスクールステーション」です。現在では、小学校をはじめ、公立高校や国立大学、特別支援学校などへ活躍の場を拡大。「導入のお手軽さ」「素早い電源起動」「簡単な操作方法」「多岐にわたる機能」「導入コストの安さ」には大変ご好評をいただいており、「みらいスクールステーション」の導入事例やソリューションの事例は、さらに増え続けていくことが期待されています。

参考:
文部科学省「教科指導におけるICT活用
文部科学省「学校におけるICT環境整備

主な自治体・学校への導入実績

みらいスクールステーションは、神奈川県内では横浜市立中学校、鎌倉市立小学校に100%。
兵庫県西宮市立中学校に100%導入されています。
以下は全国の主な導入校です。詳しくはお問い合わせください。

  • 公立小学校

    • 神奈川県横浜市立小学校
    • 神奈川県鎌倉市立小学校
    • 北海道札幌市立小学校
    • 埼玉県川口市立小学校
  • 公立中学校

    • 神奈川県横浜市立中学校
    • 北海道札幌市立中学校
    • 長野県中野市立中学校
    • 北海道札幌開成中等教育学校
  • 公立高校

    • 北海道札幌開成高等学校
      (文部科学省指定スーパーサイエンスハイスクール)
    • 神奈川県立小田原総合ビジネス高等学校
    • 大阪府立泉尾高等学校
  • その他の公立校

    • 国立奈良教育大学
    • 国立大阪教育大学
    • 鹿児島県立鹿児島聾学校
      (特別支援学校、IP-PBX・パトライト連動を実施)
    • 神奈川県立平塚ろう学校
      (特別支援学校)
  • 私立校

    • 灘中学校・高等学校
    • 関西大学第一高等学校
    • 湘南工科大学附属高等学校
    • 関西大倉中学校・高等学校
    • 早稲田実業学校 初等部
  • モデル校/実証実験校

    • 同志社中学校・高等学校
    • 近畿大学附属小学校・高等学校
    • 東京都荒川区立小学校
    • 東京都墨田区立小学校
実績

学校の中で眠りがちなテレビなど既存設備や、校内LANの有効活用と、
“誰にでも 簡単に扱える”をコンセプトとして開発した「メディアボックス」で、
教育ICT環境の、構築・導入負荷軽減と低コスト化を実現。

学校の教育環境改善を図る、富士ソフトの総合教育ICTソリューション

「みらいスクールステーション」は、富士ソフト株式会社の登録商標です。

企業向けタブレットセミナーシステム セミナちゃん

企業向けタブレットセミナーシステム セミナちゃん