タブレット端末とメディアボックスの活用で、簡単&スマートな教育ICT授業が可能に。

手軽にタブレット授業

タブレット授業を手軽に、
そしてスマートに。

タブレット1台で授業が変わります。

学校ではタブレットを授業に活用するべく、ますます導入が加速しています。そして、ICT機器がなかったころに比べユニークな授業スタイルが可能になっています。メディアボックスは、そんなタブレット授業を今よりもっと手軽に、そしてスマートに行える機能を搭載しました。

タブレット授業の基本スタイル

  • 見せる

    タブレット画面を提示装置に大きく投影させ、拡大・強調することで子どもたちの注目を集めます。

タブレット1台あれば、ここまでできる!

先生の手元にタブレットが1台あれば、メディアボックスの無線通信(ミラーリング)機能を使ってさまざまな教材やコンテンツを大型提示装置に投影できます。画面転送機能は2つのOSに対応。メディアボックスがあれば、iPad/iPhoneでもWindowsタブレットでも、使い慣れたタブレットから画面転送することができます。

  • デジタル教科書、
    officeファイルや
    動画・画像を投影

  • タブレットに
    内蔵のカメラ画像を
    そのまま投影

  • インターネット
    画面を投影

タブレット授業を快適にする2つの機能

みらいスクールステーションのメディアボックスには、タブレットを使った授業を快適にサポートする機能があります。メディアボックスに無線通信機能を実装しているため、タブレットを教室に持ち込むだけで、気軽にタブレット授業を実践していただけます。

タブレット画面を転送する方法

  • タブレットの画面を転送できる

    メディアボックスの無線通信機能を使って教師用のタブレット画面を大型提示装置に大きく映し出し、生徒たち全員で共有することができます。(ミラーリング機能標準搭載)

  • タブレット複数台による授業支援

    指導者と学習者それぞれの端末に専用のアプリをインストールすれば、教材や資料の一斉配布など、タブレット複数台による授業も可能です。

タブレット内のファイルやカメラ画像も
リアルタイムで映し出せる!

メディアボックスとタブレットを無線LAN接続すれば、手元のタブレットの画面をそのままモニターに映し出すことが可能。簡単2タッチで無線接続したそばから大型画面に反映されます。例えば、カメラ画像をそのまま映し出し、書き込みを加えることも可能です。

  • iPad/iPhoneの場合

  • Windowsの場合

タブレット複数台の授業支援システム

複数台のタブレットで双方向型の授業もタブレットを先生と生徒が持つことにより、先生のタブレットから学習者(児童・生徒)の端末への教材配信や、学習者からの解答・書き込みの管理、先生用タブレットから複数端末への同時表示などを行うことができます。これにより、先生から生徒への一方通行の授業ではなく、双方向型の活発な授業も期待できます。
また、先生のタブレット端末には生徒一人ひとりの書き込み状況が一覧で表示されるため、課題につまずいている生徒を一目で把握することができ、有効な指導や学力の向上に役立ちます。
文部科学省による学習指導要領の改訂に伴い、授業時数と学習内容が増えました。ICT教育では、さまざまな学習活動が求められる現場の先生の負担を軽減し、教育環境の整備・改善に取り組むことが求められています。

*タブレット授業支援システムの利用には、専用アプリのインストールが必要となります。

  • 見せる

    教材を大型モニターに大きく投影させて、拡大・強調して注目を寄せる。

  • 配る

    教材や画像などを一斉配布して、授業をスムーズに進める。

  • 書き込む

    タブレットの画面上に手書きで書き込みする。先生端末で一覧把握する。

  • 比べる

    解答画面を並べて表示して、考え方を比較することで理解を深める。

みらいスクールステーションは全国の小学校・中学校・高等学校に
導入され、国語・算数・理科・社会すべての授業で活用されています。

タブレット授業の活用事例を見る

構成図