学校の授業に電子黒板を活用し、児童生徒の興味をかきたてる授業を実践できます。

電子黒板をPCレスにする教育ICT専用端末

教材提示と書き込みがスムーズに。
電子黒板がもっと使いやすくなる。

パソコンいらずの電子黒板連携パックです。

大型提示装置の1つとして電子黒板は、小学校、中学校、高等学校だけでなく企業や様々な施設に導入されています。みらいスクールステーションのメディアボックスと電子黒板を組み合わせると、「PCレスの電子黒板システム」が完成。ディスプレイ型、プロジェクター型、ユニット型の電子黒板全てに対応します。既存の黒板やタブレット、書画カメラ(実物投影機)、大判プリントなどに加えて表現の幅が広がり、日々の学習を効果的にサポートする教具になります。表示した画像や映像を楽しく使いながら、子どもたちの興味と学びの意欲をかきたてる授業を実践してください。

授業に役立つ電子黒板のメリット

イメージに加えて音声でも伝える電子黒板は、チョークで書き込む黒板や、マーカーで書き込むホワイトボードにはない視覚的で聴覚にも伝わるわかりやすさと、映像や文字のデータ化機能で授業の可能性を広げます。板書の場合に比べ、授業効率も格段にアップします。

  • 伝えたいことを
    的確に伝えられる

    電子黒板のモニター上に映した画像や教材に書き込みしたり、拡大して大きく鮮明な画像を表示したりできるため、“わかる”授業がスムーズにできる。情報がイメージとして伝わるため、授業の内容が生徒の頭に入りやすい。

  • 書き込み画面を保存して、
    あとで呼び出せる

    投影画面の切り替えや書き込みの消去もワンタッチでできる。消したら終わり、ではなく、手書きした画面を画像データにキャプチャ保存し、いつでも呼び出すことができる。

  • 板書にかける
    時間を省ける

    デジタル教材を電子黒板に投写するだけだから、板書にかかる時間が削減でき、授業の効率もアップ。手書きの板書と組み合わせて視覚的に伝わるから、学習効果アップも期待できる。

メディアボックスで、電子黒板を日常使い。

教室にメディアボックスが一台あれば、ノートパソコンや周辺機器不要で電子黒板の使用頻度が上がります。なぜなら、メディアボックスは起動がすばやく、操作が簡単だから。パソコンのドライバやソフトウェアやアプリケーションのインストール、コンピュータ入力、マウスでの操作も必要ありません。メディアボックスに内蔵されているペンツール機能と、ChromebookやiPadやWindowsタブレット端末を無線で画面ミラーリングする標準機能も併用すれば、電子黒板を使ったワクワクのICT授業が日常に!

*ペンツール機能は、電子黒板メーカーのものをご利用いただくなど、選択が可能です。
*Chromebookの画面ミラーリング機能は、2020年春に提供開始予定です。

さまざまなタイプの電子黒板に対応

  • メディアボックスの構成図

    教室に設置したメディアボックスを電子黒板に接続すれば、ノートパソコンを電子黒板用に教室に常設したり持ち運ぶ手間が不要になり、電子黒板周辺の機器の数や配線ケーブルもスッキリします。さらにメディアボックスと電子黒板の電源は連動します。導入予算や設置環境に応じて、さまざまな種類のメーカーが提供する電子黒板と連携します。



搭載のペンツール機能で、書き込みも自由自在!

*ペンツール機能は、電子黒板メーカーのものをご利用いただくなど、選択が可能です。

  • メディアボックスの画面

    ペン、マーカー、消しゴム、拡大など、シンプルで見やすいメニューには、必要なツールがしっかりそろっています。便利な黒板モードとホワイトボードモードも搭載。だからPCは必要なし!

  • 先生と電子黒板

    先生が説明しながら書き込む。生徒が問題の解答を書き込む。タブレット画面をミラーリングで投影する。自由自在に使えるすぐれもの。画像を拡大できるから、教室の後方に座る生徒にも配慮できる。

電子黒板×メディアボックスで、スムーズでわかる授業が実現!

メディアボックス対応ディスプレイ機種比較

電子黒板には、さまざまな種類や方式のものがあります。みらいスクールステーションの電子黒板連携パックは、さまざまな種類の電子黒板に対応。メディアボックスとともに設置するだけですばやく起動し、ノートPCと同等の機器に変身します。用途は授業だけでなく、オフィスの会議室など業務用としても利用されています。 電子黒板を導入する際には、メディアボックスとの連携がおすすめです。

*電源連動には、HDMI1.3以上でHDMI-CEC対応のテレビ、またはPJLink対応のプロジェクターが必須となります。
*動作検証メーカーは、お問い合わせに応じて、随時対応していきます。

みらスクは、他メーカーのプロジェクターや電子黒板と
連携して活用することができます。

  • BRAVIA (ソニー様)

  • UBシリーズ (Newline様)

  • SP-UW360iR (マクセル様)

  • CRB-2 (エルモ社様)

電子黒板に関するコラム

構成図

構成図